大事なTOEICの試験当日に忘れ物をしてしまっては大変です!!必ず前もって持ち物をチェックしておきましょう。
こんにちは
よだです。

せっかくテスト本番に向けて勉強してきたのに
本番当日に忘れ物をして、受験できなかったり
本来の実力が出せなかったりしては大変です。

このページでTOEICの試験当日の持ち物をチェックして
忘れ物がないようにしましょう。

ここではTOEIC公式サイトに載っているものと、
それ以外に持って行った方がよいものを掲載しています。

TOEIC持ち物チェック

TOEIC公式サイトに載っているもの

1:受験票

2:証明写真1枚

規定を満たした証明写真をご用意ください(カラー・モノクロ共に可)。

証明写真はモノクロで公式認定証に印刷されます。

裏面に「氏名」と「受験番号」をご記入ください。

受験票の証明写真貼付欄に貼り付けてください。

3:公的に自己を証明する写真付の本人確認書類(有効期限内のもの)

運転免許証・学生証・社員証・パスポート・個人番号カード・住民基本台帳カード

4:筆記用具

HBの鉛筆(またはシャープペンシル)、消しゴム

5:腕時計

試験中に時刻のアナウンスはいたしません。

腕時計以外のもの(携帯電話・置時計・ストップウォッチなど)
を時計として使用することはできません。

※以上、TOEIC公式サイトより引用。

上記以外に持って行った方がよいもの

TOEICだけでなく色々な試験の受験生が
試験当日に持って行くあると便利なもの
ピックアップしてみました。

・軽い上着

夏場に冷房が強すぎたり冬場に暖房が弱すぎたりして、
試験会場が寒い場合に羽織るものがあるとよいです。

当日は、会場の室温に合わせて脱ぎ着しやすい服装が便利です。

・軽食

試験中にお腹が減って
グーッなんて鳴ったりしたら集中できません。

試験前に軽くお腹に入れるものを用意しておきましょう。

パンやおにぎり、バナナ、チョコレートなど、
サッと食べることができて
適度にお腹を満たしてくれるものがいいと思います。

もちろん、食べすぎて眠くならないように注意です。

・飲み物

試験会場によっては近くにコンビニがなかったり、
自動販売機に列ができていたりすることがあります。

空腹と同じく、のどが渇くのも集中力を低下させる原因となります。

飲み物はあらかじめ準備しておきましょう。

・目薬

TOEICの試験は2時間に及ぶので、
途中で目が乾いたり疲れたりすることもあります。

目薬を差してリフレッシュさせましょう。

・カイロや熱さまシート

試験会場の室温に服装だけで対応しきれない場合、
首や腰などを温めたり冷やしたりすることができます。

・常備薬

TOEIC公式サイトに
「薬やのど飴は服用いただけます。
試験開始前に試験官にお申し出ください。」
との記述があります。

急な腹痛などが起きても大丈夫なように、
不安な人は持っておくといいと思います。

・集中力を高めるグッズ

自分の集中力を高めたり
テンションを上げたりするものがある人は
持って行くとよいでしょう。

音楽を聞いたり、使い込んだテキストをパラパラながめたり。

本番で実力を全て出し切るために、
決して軽視はできないものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

以上、参考にしてみて下さい!

この他にも
TOEICを受験する際のお役立ち情報
をまとめています。

ぜひ一緒にチェックしてみて下さい!

【TOEIC試験前日の過ごし方】の記事へ!

【TOEIC試験当日の過ごし方】の記事へ!

【TOEIC受験上の注意点】の記事へ!

【受験票に関するトラブルや疑問点】の記事へ!