TOEICの受験上の注意点をまとめてみました。あらかじめ頭に入れて試験に臨みましょう。特にこの7つに注目です。
こんにちは
よだです。

どんな試験にもそれぞれ特有のルールがありますが
それはTOEICも同じです。

中には他の試験では当たり前に認められていても
TOEICでは認められていないルールもあります。

こういうルールを知らずに受験してしまうと
思わぬ落とし穴にハマることになりかねません。

TOEIC公式サイトに受験上の注意点が載っているので
受験前に一度ゆっくりと目を通しておくことをオススメしますが、
あまり時間がないという方はこの記事だけでも読んでおいてください!

今回ご紹介するのは全部で7つ。

特に、初めてTOEICを受験する方は参考にしてみて下さい。

出典元はTOEIC公式サイト内の
「受験に際しての注意事項」と「よくある質問」です。

(この記事の終わりに公式サイトへのリンクも載せています)

TOEIC受験上の注意点

注意点その1【遅刻厳禁】

TOEICの受付は当日11:45~12:30に行われます。

そして、公式サイトには
「12:30までに受付にお越しいただけない場合は受験できません」
と記載されています。

僕は大学入試をはじめ、
TOEIC以外にもいくつか試験を受けたことがありますが、
事前に受付がある試験は珍しい気がします。

願書を出して受験票が届けば、
あとは当日そのまま受験会場に入るという場合が多いと思うので。

ですが、TOEICでは受験会場となる各教室の前で受付が行われるのです。

この受付は12:30までなので
絶対遅刻しないようにしなければいけませんね。

注意点その2【12:30以降トイレ禁止】

これも珍しいのではないでしょうか。

TOEICでは、試験中だけでなく試験開始の30分前から
トイレに行くことが禁止されています。

12:30以降は教室から出ることはできません。

トイレに行きたいのを我慢して
2時間の試験を受けるのは相当大変です。

集中力が落ちますからね。

忘れずにトイレは12:30までに済ませておきましょう。

注意点その3【飲食禁止】

ガムやアメも禁止されているので、
普段から眠気防止のためにガムを噛んだりしながら勉強している人は
注意が必要です。

ただ、『のどあめ』は試験開始前に試験官に申し出れば服用できるようです。

※ちょっと、ここだけの話※
「飲食禁止」とあるので「飲む」のもダメかと思われるかもしれませんが、
実際にはペットボトルの水を飲んだりしても注意されることはありません。

ただし、飲んだ後ペットボトルはすぐにしまいましょう。

また、僕は毎回ミント系のガムを噛みながらTOEICを受けていますが、
今まで注意されたことはありません。

ガムも新しいのをあらかじめ1個出しておいて
リスニング終了後リーディングに移る時に
包み紙をペリッとはがして噛んでも注意されません。

さすがに甘い匂いのするようなガムは分かりませんけど。

一応ご参考までに・・・。

注意点その4【携帯電話や腕時計の音】

TOEIC公式サイトに
「アラーム音などを発生させた方は、その場で退場していただきます」
とビシッと書いてあります。

さすがに「その場で退場」と書かれるとビビりますね。

僕が今まで受験してきた中で、
試験中に音を鳴らした人がいないので
実際にどうなるかは分かりません。

ですが、音を鳴らせば周囲の迷惑になるのは確実です。

携帯電話の着信音だけでなくデジタルタイプの腕時計も
アラーム音が鳴らないようOFFにしておきましょう。

注意点その5【問題用紙への書き込み禁止】

僕が一番ビックリした注意点がこれです。

公式サイトによると、
メモを取る、線を引く、○・×・レ等の印をつけることを含めて
問題用紙へ書き込む行為が全て禁止されています。

問題用紙には一切書き込みしてはいけないということです。

個人的には、問題用紙に色々書き込みをした方が解きやすいので、
書き込み禁止は正直キツいです。

消去法で解く場合でも選択肢に×印をつけてはダメ。

問題文中に線を引いたり丸で囲ったりしてはダメ。

普段の勉強で問題文に色々書き込んでいる人は特に注意が必要です。

いつものクセでつい書き込んでしまわないように気をつけて下さい!

注意点その6【違うセクションの問題文】

リスニング実施中にリーディングの問題文を見る行為、
リーディング実施中にリスニングの問題文を見る行為

禁止されています。

リスニングをやっている時に、ちょっと時間が空いたりしても
リーディングの問題文を見てはいけないということですね。

少しでも時間をムダにしたくないからといって
うっかり他のセクションを見たりしないように注意しましょう。

注意点その7【問題用紙の持ち帰り禁止】

TOEICでは試験が終わった後、
問題用紙を持ち帰ることはできません。

というより、試験終了後全員分の問題用紙が回収されるまでは
教室を出ることができません。

問題用紙を持ち帰って復習したくてもできないのでご注意下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがだったでしょうか?

今回は個人的に気になった注意点をまとめてみました。

最初にも書きましたが、もし時間があるなら
一度公式サイトをチェックしておくことをオススメします。

TOEIC公式サイトはこちらです。

この他にも
TOEICを受験する際のお役立ち情報
をまとめています。

ぜひ一緒にチェックしてみて下さい!

【TOEIC試験前日の過ごし方】の記事へ!

【TOEIC試験当日の過ごし方】の記事へ!

【TOEIC試験当日の持ち物】の記事へ!

【受験票に関するトラブルや疑問点】の記事へ!