いよいよTOEIC試験当日です。本番で100パーセント実力を出せるように試験当日の過ごし方についてまとめました。
こんにちは
よだです。

いよいよ明日はTOEIC試験です。

本番でしっかり実力を出すために、
試験当日の過ごし方も重要です。

今回は前回の「試験前日の過ごし方」に続き、
試験当日の過ごし方について調べてみました。

TOEIC試験当日の過ごし方

当日の過ごし方 1:自宅で脳を目覚めさせる

前回の記事にも書いたように、
試験当日は12:30までに受付をしなければならないため、
あまり多くのことはできません。

あれこれやって気持ちばかり焦っても
意味がないですからね。

試験当日にやっておくことは、
脳をしっかり目覚めさせること。

試験開始と同時に脳がフル回転できるように
準備しておく
ということです。

これは僕が昔勉強していた
法律の国家試験の受験生もやっていました。

いつも通りの時間に起床して、
いつも通り朝食を食べたら、
少し時間を取って脳を英語に馴染ませましょう。

軽く英文を読んだり、文法や単語に目を通したり。

もちろんリスニングも。

できれば問題を数問解いておきたいところです。

脳と目と耳を英語モードにしておくことで、
試験開始から英語がスッと頭に入りやすくなります。

英語モードに切り替え

それが終わったら出発の準備です。

もう一度忘れ物がないか持ち物をチェックします。

さすがに自宅で昼食を摂る時間はないと思うので、
早めに家を出ましょう。

当日の過ごし方 2:移動中に気持ちを高める

自宅を出てTOEICの試験会場へ向かう途中は、
試験に向けて気持ちを高めていきましょう。

好きな音楽を聴く、好きな本を読む、
使い慣れたテキストに目を通す、など
自分に合った方法でテンションを上げるのがいいと思います。

どんな試験でも、
試験直前のギリギリまで勉強する人と、
ある程度のところで勉強をやめる人とに分かれます。

僕は後者です。

試験当日の午前中に
頭をほぐすためにテキストに目を通したりしたら、
そこから後は勉強しません。

特に試験会場に移動する間などは
音楽を聴いていることが多いです。

また、移動の電車内で
「気持ちを高める言葉が書かれた本」のようなものを読んで
気持ちを引き締めていたこともあります。

気持ちを高めて会場へ

当日の過ごし方 3:試験会場ではリラックス

試験会場に着いたら、
試験前にやっておくことをササッと済ませましょう。

受付、席の確認、トイレなどです。

また、試験中にお腹が減らないように軽食を摂ったり、
喉が渇かないように水分補給したり。

これらのことが終わったら、
あとは何もせずリラックス。

あまりギリギリまでテキストを読んだり
単語帳をチェックしたりしていると、
脳が休む暇なく試験が始まってしまいます。

2時間の試験を乗り切るために、
試験会場に入ったら気持ちを落ち着かせ
試験開始を待ちましょう。

リラックスして待つ

そして、試験が始まったら2時間突っ走るだけです。

この日のために続けてきた勉強。

試験当日の過ごし方をしっかり押さえて
その成果を100パーセント出し切りましょう!

この他にも
TOEICを受験する際のお役立ち情報
をまとめています。

ぜひ一緒にチェックしてみて下さい!

【TOEIC試験前日の過ごし方】の記事へ!

【TOEIC受験上の注意点】の記事へ!

【TOEIC試験当日の持ち物】の記事へ!

【受験票に関するトラブルや疑問点】の記事へ!

さらに!TOEICお役立ち情報TOEICの勉強法など色々書いています。

是非こちらもご覧ください!

【TOEICお役立ち情報】をチェック!

【TOEICの勉強法】をチェック!