TOEICの試験当日に全力を出すために、試験の前日はどのように過ごせばいいのでしょうか?5つ挙げてみました。
こんにちは
よだです。

今日は2016年4月7日。
4月10日のTOEIC初受験まであと3日となりました。

ところで、TOEICで全力を出すために、
試験の前日はどのように過ごせばいいのでしょうか?

今回は、TOEICの試験前日の過ごし方
書いてみようと思います。

なお今回はTOEICだけでなく、
他の試験の受験生のアイデアも
参考にできるものは採り入れています。

TOEIC試験前日の過ごし方

前日の過ごし方 1:今までの復習

どんな試験でもそうですが、
試験前日にあれこれ詰め込み過ぎるのは、
かえって逆効果となることが多いです。

もしかしたら前日に詰め込んだことが試験に出るかも、
と思われるかもしれません。

しかし、TOEICは英語全体の理解が問われる試験です。

学生時代の定期試験のように
出題範囲が決まっている訳ではなく、
出題範囲が限りなく広い試験です。

そのような試験の前日に詰め込んだ知識が
出題される確率はどれほどのものでしょうか?

逆に、前日に新しいことを覚えようとして、
もし分からないことや知らないことが出てきたら
不安になってしまいます。

何だこれ!知らない!分からない!

でも試験は明日!

時間がない!

どうしよう!

と、精神的に悪い影響を及ぼしかねません。

僕が昔勉強していた法律の国家試験では、
試験前1週間から新しいことは勉強するな
と言われていました。

たまたま出題されるというプラスの面より、
上のような精神的なマイナスの面が大きいからです。

TOEIC試験前日に分からないことが!

TOEICでも、1週間とは言わないまでも、
前日くらいは新しいことを頭に入れるのは
やめておきましょう。

前日に詰め込んだ知識を
すぐ使いこなせるようになる訳ではありませんから。

では、前日は何をすればいいのか。

まずは今まで勉強してきたことの復習・確認です。

といっても全てのテキストをくまなく復習するのではなく、
今まで自分が頑張ってきた足跡を振り返るつもりで
パラパラと目を通す程度です。

「この辺りは理解するのに時間がかかったなぁ」とか、
「この時は忙しかったけど頑張ったなぁ」など、
今までやってきた自分を誉めてあげましょう。

軽く頭の中を整理すると同時に、
翌日の試験本番に向けて気持ちを高める効果があります。

前日の過ごし方 2:苦手分野を勉強

また、仕事や学校が休みで時間にゆとりがあれば、
1日かけて苦手分野をじっくりと見直す
というのも良いと思います。

試験の前日や当日は、日常と違う特別な日です。

こういう特別な日というのは、
脳が活性化して記憶力が高まると言われています。

例えば、会社でも学校でも、何気ない日常の出来事より、
入社式や入学式のような特別な日の出来事の方が
思い出に残っていると思います。

このような日に経験したことというのは
記憶に残りやすいのです。

TOEIC試験前日は脳が活性化!

ですので、前日にあえて苦手分野を勉強することで、
しっかりと記憶に残すという時間の使い方も
悪くないと思います。

そこが翌日の試験に出なかったとしても、
次回以降の試験に役立ちますしね。

前日の過ごし方 3:翌日の準備

TOEICの試験当日は12:30までに
受付を済ませなければなりません。

そのため、当日は午前中から
試験会場へ向かうことになります。

あまりのんびりする時間はないと思います。

したがって、当日の出発前にあれこれ準備しようとすると、
気持ちが焦り、忘れ物をしてしまう恐れがあります。

持ち物は前日のうちに準備して
忘れ物がないか確認しておきましょう。

試験会場までのルートを確認することも重要です。

TOEIC試験前日に持ち物チェック!

前日の過ごし方 4:普段通り過ごす

試験前日だからといって
急に何か特別なことをやる必要はありません。

普段やらないことをやってしまうと
リズムが狂ってしまったり、
変にテンションが上がって夜寝るのが遅くなったり、
あまり良いことはありません。

普段勉強している時間に勉強して、
普段ご飯を食べている時間にご飯を食べる。

できるだけ普段通りに過ごすのが一番です。

TOEIC試験前日に特別なことはしない!

前日の過ごし方 5:いつもと同じ時間に寝る

前述の「普段通り過ごす」に関連することですが、
普段と同じ時間に寝るようにしましょう。

よく、試験前日は早めに布団に入ってしっかり寝る
という人がいます。

しかし、人間にはリズムがあります。

いつも同じ時間に寝ている人が
早めに布団に入ったからといって、
普段より早く眠れるとは限りません。

それどころか、
いつもより早く布団に入ったためにすぐには寝付けず、
寝付けないことが不安になって、
かえっていつもより寝付くのが遅くなってしまう
という事態もありえます。

ただでさえ試験本番を翌日に控え緊張しやすい精神状態です。

普段通りの時間に寝付けないというのは、
精神的なダメージが大きいと思います。

言うまでもなく、
万全の体調で試験を受けるために
睡眠はとても大事です。

いつもより早く布団に入って多く寝ることよりも、
普段通りの睡眠ができなくなるリスクを
避けなけらばなりません。

試験前日に多く睡眠時間を取りたいという場合は、
少なくとも1週間前から多く寝るリズムを作っておきましょう。

TOEIC試験前日もいつも通り寝る!

ただ、睡眠に関する豆知識を1つ。

それは、仮に寝付くことができなかったとしても、
布団の中で目を閉じて横になっていれば、
睡眠の6割程度の効果は得られる
ということです。

ですので、いつも通り寝ようとしたけど寝付けない!
と不安になる必要はありません。

寝付けなくてもある程度は大丈夫だと分かっていれば、
安心して布団に入れますし、
結果的にいつも通りの睡眠ができるようになると思います。

寝付けない時にゴソゴソ起き出して
余計に目を覚まさせたりしないようにしましょう。

いざ!試験本番!

さて、以上のように前日を有意義に過ごしたら、
いよいよ次の日は試験本番です。

本番で最高のパフォーマンスが出せるように、
試験当日もうまく時間を使いましょう!

次の記事では試験当日の過ごし方をまとめました。

自宅での過ごし方
試験会場への移動中の過ごし方
試験会場に着いてからの過ごし方

について書いています。

一緒にこの記事も読んで
試験当日の過ごし方をチェックしておきましょう!

【TOEIC試験当日の過ごし方】の記事へ!

この他にも
TOEICを受験する際のお役立ち情報
をまとめています。

ぜひ一緒にチェックしてみて下さい!

【TOEIC受験上の注意点】の記事へ!

【TOEIC試験当日の持ち物】の記事へ!

【受験票に関するトラブルや疑問点】の記事へ!