TOEIC600というスコアはどのくらいのレベルなのでしょうか?今回はこのテーマについて色々調べてみました。

TOEICでは、まずスコア600をクリアすることが
最初の目標とよく言われます。

TOEIC関連の書籍を見ても、
入門レベルの次のステップとして
スコア600取得に向けたものが多いですよね?

ではこのTOEIC600というスコアは
どのくらいのレベルなのでしょうか?

今回はこのテーマについて書いてみました。

空白

まず前提として理解しておいて頂きたいことがあります。

これはTOEICの公式サイトに載っているのですが、
「上場企業における英語活用実態調査 2013年報告書」というものがあり、
企業が社員に対してどのくらいの英語力を要求しているかなどが書かれています。

そこには
「グローバル化に対応するため全社員に求められる期待スコア平均は600」
という記述があります。

英語を使う業務でなくても全社員に求められるスコアが600ということです。

TOEICスコア600のレベルや難易度がどうこうという以前に、
そもそも600とはそういうスコアなんだということを知っておいて下さいね。

TOEICスコア600はどんなレベル?

ではTOEICスコア600とは具体的にどれくらいのレベルなのか?

こんな時に一番参考にしたいのがTOEIC公式サイトです。

そして公式サイトの「各種分析・参考データに関する資料」のページには
「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表」
というデータが出ています。

TOEIC公式サイト「各種分析・参考データに関する資料」のページはこちら

「TOEICスコアとコミュニケーション能力レベルとの相関表」はこちら

そこにはTOEICスコア別に
どれくらいのコミュニケーション能力があるか書かれています。

しかし!

残念ながら
スコア600がどれくらいなのかについては書かれていません。

レベルA・・・TOEICスコア860
レベルB・・・TOEICスコア730
レベルC・・・TOEICスコア470
レベルD・・・TOEICスコア220

となっているのです。

空白

ちなみにレベルBは730、レベルCは470とあるので、
ちょうどBとCから130点差で600になります。

つまりレベルBとCのちょうど中間がスコア600となる訳ですね。

そしてレベルB(TOEICスコア730)には
「どんな状況でも適切なコミュニケーションができる素地を備えている」
とあり、

また、レベルC(TOEICスコア470)には
「日常生活のニーズを充足し、
限定された範囲内では業務上のコミュニケーションができる」

と評価されています。

ただ、この中間が600と言ってもピンときませんよね。

そこでもっと参考になる資料がないか探してみたところ、
以下のようなデータが見つかりました。

TOEICスコアと英検取得者の関係

引用元:http://www.iibcglobal.org/library/redirect_only/library/toeic_data/toeic/pdf/data/TOEIC-STEP_2001.pdf

やや古いデータなのですが、
2001年9月23日に実施されたTOEICテストの際にアンケートを取り、
受験生が持っている英検の級とTOEICスコアの関係を調べたものです。

これによると、
英検準1級取得者のTOEIC平均スコアは732、
英検2級取得者のTOEIC平均スコアは517。

これを単純に見てみると、
TOEIC600は英検2級の少し上くらいと言うことができます。

空白

そして英検の公式サイトによると
英検準1級の難易度は大学中級程度、
英検2級の難易度は高校卒業程度です。

前述の通りTOEIC600は英検2級の少し上くらいですから、
結論としては
TOEIC600は高校卒業程度の少し上の難易度となります。

空白

つまり、TOEIC600を目指すなら、
まず高校までに習った英語をしっかり復習して、
そこにTOEICに特有の勉強を上乗せする必要があるということです。

TOEICに特有の勉強とは、
くだけた日常会話やビジネス英語などが挙げられます。

TOEICで最初の壁と言われるスコア600をクリアするために、
そのレベルを踏まえた勉強をしましょう!

最短でスコア600をクリアするための勉強法はこちら!

空白

この他にもTOEICお役立ち情報TOEICの勉強法など色々書いています。

是非こちらもご覧ください!

【TOEICお役立ち情報】をチェック!

【TOEICの勉強法】をチェック!