TOEICテストは、少しでも申し込みが遅れたら、やっぱり受験できなくなるのでしょうか?ちょっと調べてみました。
こんにちは。
よだです。

今日、7月24日(日)実施予定の
TOEICの申し込みをしました。

インターネットでの申し込み期間は
6月14日までなので、
残り1週間足らずでした。

もう少し早く申し込むつもりだったんですけど、
ちょっと忘れているうちに今日になっていました。

申し込みを終えてから思ったんですけど、
少しでも申し込みが遅れたら、
やっぱり受験できないんでしょうか?

TOEICの申し込みを忘れたまま
申し込み期間を過ぎた場合、
何とか受験できるような措置はあるのか、
この機会に調べてみました。

申し込みを忘れたら

公式サイトをチェックしたけど・・・

まず、TOEICの公式サイトに
記載がないか調べてみました。

「申し込みの注意点」や「よくある質問」を見てみましたが、
申し込み忘れに関する記載はありませんでした。

テストを受けたいなら
申し込みをすればいいだけのことですから、
申し込み忘れに関する記載がないのも、
当然といえば当然です。

直接電話して聞いてみたけど・・・

公式サイトに記載がないなら、
自分で確認するしかありません。

そこで、TOEICテストを運営する
IIBC試験運営センター(TEL 03-5521-6033)
電話をかけてみました。

申し込み期間を過ぎたら
受験はできないのですか?と。

まあ、予想通りでしたけど、
やっぱりダメでした。

「次回の試験に申し込んで下さい」とのこと。

とにかく、申し込みを忘れると
受験はできなくなるので、
注意しておきましょう。

申し込みを忘れたらダメ

ただ、申し込み忘れには他の失敗例もあるので、
ここで合わせてチェックしてみて下さい。

コンビニでの受験料支払いを選んだ場合と、
大学生協で申し込みをした場合です。

コンビニでの支払いを選んだ場合の失敗例

申し込みを忘れたという失敗例の中で多いのが、
申し込みの手続きは終えたけど、
コンビニで受験料を支払うのを忘れた

というパターンのようです。

これについてはTOEIC公式サイト内の
「よくある質問」に下のような記載があります。

Q.コンビニエンスストアでの支払期限を過ぎてしまった

A.支払期限(申込日を含めて3日間)までに
受験料をお支払いいただけなかったお申し込みは
「無効」となります。
申込期間内に再度お申し込みください。

>>申し込みに関する「よくある質問」はこちら(TOEIC公式サイト内)>>

このように、コンビニでの支払いを忘れてしまうと、
申し込みが無効になってしまいます。

支払いを忘れないようにして下さい
ということなんでしょうね。

場合によっては、
再度申し込みをしようと思ったら、
申し込み期間を過ぎていた、
なんてことになりかねません。

コンビニでの支払いを選んだ場合は
受験料の支払いを忘れずに行いましょう!

コンビニでの受験料支払い

大学生協で申し込んだ場合の失敗例

TOEIC公式サイトには載っていませんが、
ネット上で見受けられる申し込み忘れの失敗例として、
大学生協からの申し込みの場合があります。

大学生協で申し込み・支払いをすると、
「TOEICバウチャー」という
コードナンバーが発行されます。

そして、そのコードをTOEIC公式サイトに登録すると、
正式に申し込み完了となります。

ですが、大学生協で申し込み手続きを行い、
そこで支払いも済ませたのに、
その後TOEICの公式サイトで登録するのを忘れる

という場合があるようです。

この場合も受験できなくなります。

支払いまで終わらせたのに
登録を忘れて受験できないなんて大変です。

大学生協で手続き・支払いしたら完了、
ではないので注意しましょう。

TOEIC公式サイトへの登録

申し込み忘れ防止ツール

今回僕は、申込期間終了の少し前に思い出して
申し込みを済ませた訳ですが、
申し込みを忘れていたら受験できないところでした。

こういう事態を避けるために、
TOEICでは申し込み忘れ防止ツール
というものが用意されています。

これは申込開始や締切を教えてくれるサービスです。

メールやツイッター、スマホアプリなど、
いくつかの方法が選べます。

詳しくはTOEIC公式サイト内でご確認下さい。

>>TOEIC公式サイト「スケジュールリマインダー」のページはこちら>>

こういう便利なツールも活用して、
くれぐれも申し込み忘れがないようにしましょう。

この他にもTOEICお役立ち情報TOEICの勉強法など色々書いています。

是非こちらもご覧ください!

【TOEICお役立ち情報】をチェック!

【TOEICの勉強法】をチェック!