これからTOEICの勉強を始める人は、まずTOEICの年間の日程と試験当日のスケジュールを知っておきましょう。
こんにちは。
よだです。

これからTOEICの勉強を始めるという人が、
まず最初にやっておくべきこと。

それはTOEICを知るということです。

どんな試験でもそうですけど、
どういう試験なのか最初に把握しないことには
戦略や目標は立てられません。

ですので、まずは
TOEICの日程やスケジュールを知る
ということから始めましょう。

TOEICを知る

TOEICの年間の日程

TOEICは1年に10回実施されています。

実施されるのは
1月・3月・4月・5月・6月・7月・9月・10月・11月・12月です。

簡単にいうと、2月と8月以外ですね。

こんなにたくさん実施されているなんて
僕も最初は知りませんでした。

詳しい日程はこちらのTOEIC公式サイトでご確認下さい。

TOEICは年10回実施

TOEIC試験当日のスケジュール

TOEICの試験当日のスケジュールは以下の通りです。
(TOEIC公式サイトより)

11:45~12:30 受付
12:35~13:00 試験の説明・音テスト
13:00~15:00 試験開始~試験終了
15:00~15:15 問題用紙・解答用紙の回収
15:15(予定) 解散

試験は2時間。

13時スタートということで
昼食を済ませて眠たくなる人もいらっしゃるかと思いますので、
食べる量や時間などを工夫する必要があります。

僕は、食べる時間を早くして少し昼寝をするようにしています。

少しでも寝ておくと2時間フルに集中できるので。

こういった点は普段から色々試して
ご自分に合った対策を立てておきましょう。

TOEICは2時間

試験当日のスケジュールに関する注意点

さらにTOEIC試験当日のスケジュールに関して
公式サイトにはこんな注意書きもあります。

※12:30までに受付にお越しいただけない場合は
 受験できません。

※12:30以降は休憩がありませんので、
 お手洗い・ご用件は事前にお済ませください。

1つ目の注意点は遅刻したらダメということ。

どんな試験でも遅刻したら受験できなくなりますから、
当然といえば当然です。

ただ、2つ目の注意点にあるように、
12:30以降はトイレに行けないということなので、
これは気をつけたいですね。

試験中だけでなく、
試験開始30分前の12:30以降はダメ
というところが要注意。

トイレが混むこともあるので
早めに済ませておく必要があります。

トイレに行きたくなると、
集中力も落ちてしまいますから。

集中力を切らさず実力を100パーセント出すために、
この点も注意しておきたいですね。

TOEIC受験の注意点

TOEICってどんな形式?どんな内容?

さて、今回はTOEICの日程やスケジュールをご紹介しました。

では、TOEICってどんな形式・内容の試験なんでしょうか?

ここが理解できていないと、
どんな勉強をすればいいか分かりませんよね。

そこで、TOEICの出題形式や試験内容についてまとめました。

実はTOEICを受験する上で、
2016年5月に行われた出題形式の変更点
について知っておくことも大事なんです。

変更の背景などを知っておくと、
TOEICで何が重視されるのかが分かるようになりますからね。

次の記事では・・・

出題形式が変更された理由
今後のTOEICで要求される力
問題数の変更

について書いています。

ぜひチェックしてみて下さい!

次の記事【2016年5月の出題形式の変更点】のページへ!

【その他の関連記事】
「3分でサクッと分かる!TOEICの出題内容」

このブログの【記事一覧】はこちら