新年の挨拶「あけましておめでとう」を英語で!年賀状やメール、ビジネスにも!

新年の挨拶【あけましておめでとう】を英語で書いてみましょう!

家族や友達、恋人に向けたカジュアルな年賀状・メールはもちろん、
ビジネスにも使える丁寧な表現まで
筆記体の見本付きで載せています!

どの例文もシンプルな英語ですので、
メッセージを受け取った相手に
あなたの気持ちが伝わりやすいと思います。

ぜひこの記事を参考に
ステキな新年の挨拶を贈って下さい!

スポンサーリンク


まずは基本の一言

もちろん最初はこの一言です。

【例文】
Happy New Year !
(あけましておめでとう)
【筆記体】

皆さんご存じ。
新年の挨拶として家族や友達、恋人からビジネスまで
幅広く使える一番有名な表現です。

ちなみに、Happy New Year ! は
一言で「おめでとう!」と言い切る表現なので、
頭に「A」はつけません。
A Happy New Year ! は間違いですので、ご注意を。

短文のメッセージ

他にも英語の新年の挨拶には
以下のようなものがあります。

【例文】
I wish you a happy New Year.
(あけましておめでとうございます)
【筆記体】

直訳すると「あなたが良い年を過ごせますように」という意味ですので、
Happy New Year ! よりも丁寧な表現。

ビジネスなどに使えるオススメの英語です。

空白

また、

【例文】
I hope you have a wonderful year.
(素敵な1年を送って下さい)
【筆記体】

こちらも丁寧な表現ですので、ビジネス向きと言えます。

ただ、この文を命令形にすると、カジュアルな表現になります。
形は命令文ですが、意味はフレンドリーですので、
家族や友達、恋人にも使えます。

Have a wonderful year.
(素敵な1年を送ってね)

「あけましておめでとう」の後は・・・

さて、「あけましておめでとう」に続けて書きたい言葉は何ですか?

そうですよね。

「今年もよろしく」だと思います。

日本の新年の挨拶では定番です。

ですが、実は、日本語の「今年もよろしく」に当たる表現が英語にはありません。

ですので、英語では「あけましておめでとう」に続けて、
新年にふさわしい表現が使われることになります。

例えば、

【例文】
Thank you for your help last year.
(去年は色々助けてくれてありがとう)
【筆記体】

この help を kindness (親切さ)に変えると
「親切にしてくれてありがとう」となります。

他にも、love (愛情)、friendship (友情)などは
家族、恋人、友達に使えますし、

cooperation (協力)とすれば
「ご協力ありがとうございました」と、
ビジネスにも使える表現となります。

Thank you for ~ をもっとカジュアルに言いたいなら
Thanks for ~

逆にもっと丁寧に言いたいなら
I appreciate ~ (~に感謝します)という表現があります。
(こちらは for は不要です)

場面に応じて使い分けましょう。

この他にも
「こういう1年になるといいね」という意味がストレートに伝わる表現も
新年の挨拶にふさわしいのではないでしょうか?

【例文】
I hope this year will be great for you.
(この1年があなたにとって素晴らしい年になりますように)
【筆記体】

Happy New Year ! に続けてこのようなメッセージが書いてあれば、
年賀状やメールを読んだ相手にもっと喜んでもらえるはずです。

ここでも great(素晴らしい) を他の単語に変えて
相手にピッタリのメッセージを考えてみてはいかがでしょうか?

いくつか簡単な単語の例を挙げておきますので、
参考にしてみて下さいね。
wonderful (素敵な)、happy (幸せな)、healthy (健康な)、
joyful (楽しい)、lovely (素晴らしい)

最後の lovely には「可愛い」以外に
「素晴らしい」という意味もあるので
カジュアルな表現として使ってみましょう!


空白

いかがっだったでしょうか?

今回使ったようなシンプルな英語でも
いくつかの表現の組み合わせで個性的なメッセージになります。

あなたと、あなたからのメッセージを受け取った人が
ステキな新年を迎えられますように!

アルファベットの筆記体一覧

最後に
アルファベットの筆記体を載せておきますので、
こちらも参考になさって下さい。

【大文字の筆記体】


【小文字の筆記体】