【ありがとう】と【どういたしまして】の
英語表現をご紹介します。
ビジネスやメールにも使えるように、
丁寧な表現から略語やまで使い分けましょう!

スポンサーリンク


まずは英語で【ありがとう】

Thank you.
(ありがとう)

まずは、この一言。
一番シンプルで、もちろんビジネスでもメールでも使えます。

そして Thank you. の感謝の気持ちを強調した表現が以下の2つです。
こちらも説明の必要がないほど有名ですよね。
Thank you very much.
Thank you so much.

(本当にありがとう)

Thank you.の略語

Thank you.の略語は Thanks. です。

そして、その Thanks. を強調する表現には以下のようなものがあります。
Thanks a lot.
Many thanks.

a lot も many も「たくさん」という意味ですので、
直訳すると「たくさんありがとう」となり
「本当にありがとう」の意味になります。

「~をありがとう」

Thank you. に for~ を付け足すと
「~をありがとう」という意味になります。

例えば、
Thank you for your kindness.
直訳すると「親切をありがとう」。
つまり「親切にしてくれてありがとう」ですね。

他にも Thank you for~.の例文を挙げておきます。

Thank you for your help.
(手伝ってくれてありがとう)

Thank you for everything.
(色々ありがとう)

Thank you as always.
(いつもありがとう)

もちろん for ~ing としても
「~してくれてありがとう」という意味になります。

Thank you for coming.
(来てくれてありがとう)

丁寧な英語の「ありがとう」

「ありがとう」の丁寧な言い方として
以下のものがあります。

I appreciate it.
(感謝いたします)

appreciate = 「~に感謝する」

I’m very grateful.
(大変感謝しています)

grateful = 「感謝して」

どちらも丁寧な表現なので、
ビジネスでも使いやすいですね。

【どういたしまして】の英語表現


「ありがとう」に対して「どういたしまして」と返す英語表現として、
以下のようなものがあります。

You’re welcome.
(どういたしまして)

No problem.
(問題ないです)

Not at all.
(全然かまいませんよ)

Anytime.
(いつでもどうぞ)

Don’t mention it.
(お礼は言わなくていいよ)

mention = 「~を述べる」

That’s OK.
(いいですよ)

It’s my pleasure.
(どういたしまして)

pleasure = 「喜び」ですので、
直訳すると「それは私の喜びです」となります。
何かしてあげた相手からお礼を言われ
「私にとっても嬉しいことなんですよ」
というニュアンスで返す時に使います。