僕がおすすめする【アルク】がどういう教材なのか詳しく書いていますので具体的な勉強の進め方をイメージして下さい!

こんにちは
よだです。

TOEIC対策として僕が一番おすすめするのは
通信講座【アルク】です。

アルクをおすすめする理由はこちらの記事を参照して下さい。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓
【TOEIC通信講座】おすすめは190点アップできたコレ!

空白

上の記事にも書いていますが
ごく簡単にアルクの特徴を説明すると・・・

◆1日の勉強が1時間で終わるようにしてあるので、
まとまった勉強時間が確保できなくても大丈夫。

◆やるべき勉強の範囲が決まっているので、
カリキュラムに従って毎日コツコツ勉強していくだけ。

◆その結果、短期間で大幅なスコアアップを実現できる。

以上のようになります。

空白

ただ、さすがにこれだけでは
具体的にどういう勉強をしていくのか、
まだピンときませんよね。

そこで今日は
アルクがどういう教材なのか、
詳しくあなたに知って頂こうと思います。

この記事をお読み頂いて、
アルクを使った具体的な勉強の進め方をイメージして頂ければと思います。

アルクはどんな教材を使うの?

アルクでは主に以下の教材を使って勉強していきます。

1、テキストブック

2、テスト

3、リスニング用音声教材

4、WEB上のサービス

以下、順にご紹介していきますね。

アルクの教材その1【テキストブック】

テキストブックは、アルクのメインとなる教材です。

英語力の基礎となる語彙力アップはもちろん、
パート別の練習もしっかりできる内容になっています。

空白

TOEICでは各パートを通じて
総合的な英語運用能力を測るのですが、
パートごとに特徴がありますので、
各パートに焦点を合わせた勉強をじっくり行わなければなりません。

また、TOEICでは紛らわしい選択肢の中から正しいものを選んだり
大量の文章の中から必要な情報を見つけて答えたりしないといけないので
正確に速く解く力が求められます。

空白

つまり、リスニング・リーディング、どちらの勉強も
【じっくり】と【速く】という2つの要素が必要になるのです。

じっくり聴いて、じっくり読む【精聴】・【精読】の練習

速く聴いて、速く読む【速聴】・【速読】の練習

これら2パターンの練習を
アルクのテキストでは重点的に行うので
TOEICに必要な「正確に速く解く力」が養われます。

そして、この練習こそが
本番のテストでの得点に結び付くのです。

空白

したがって、

まずはメインの教材である
このテキストを完ペキにマスターすること。

これがスコアアップへの第一歩となります!
 

アルクの教材その2【テスト】

アルクでは勉強のポイントごとにテストが設けられています。

◆ウィークリーテスト・・・1週ごとに行われるテスト
◆マンスリーテスト・・・テキスト1冊ごとに行われるテスト
◆ファイナルテスト・・・本番同様の模擬試験
 

そして、このテストが設けられていることによるメリットは2つあります。

空白

1つ目は、
それぞれのテストを受けることにより
自分の実力を把握することができるということ。

各テストによって得られた結果を
その後の勉強に生かしていくことができます。

得意な部分をさらに強化したり
苦手な部分を克服したりすることで、
全体のスコアアップを目指すことができるのです。

空白

2つ目のメリットは、
毎週・毎月・そして最後に目標ができるので
モチベーションをキープしやすいということ。

英語の力をつけるのに最も大切で最も難しいことは
【勉強を継続すること】に他なりません。

いざ気合いを入れて勉強を始めたけど
いつの間にかモチベーションが下がってしまい
気が付いたら勉強すらしなくなっていた・・・。

こんな経験、あなたもありませんか?

モチベーションが下がるということは誰にでも起こり得ることなので
アルクでは毎週・毎月・3か月後にテストを提出して
モチベーションをキープしやすくなっています。

リスニングもリーディングも単語力も
全ての英語の勉強は
一定期間の積み重ねで初めて身につくものです。

定期的にテストを受けることでモチベーションをキープして
最後までたどり着けば必ず良い結果が待っている!

そう信じて毎日の勉強を進めていきましょう!

アルクの教材その3【リスニング用音声教材】

アルクのリスニング教材はCDまたはMP3が用意されています。

CDもMP3も、聴きたいところをすぐに見つけて
何度でも聴き直すことができます。

リスニングは 【実際に音声を聴く】 以外に有効な対策はありません。

自分が聴き取れなかった箇所を繰り返し聴くことによって
あなたの耳を英語に慣らしていきましょう。

空白

もしかしたら、このメールをお読み頂いているあなたも
リスニングに苦手意識があるかもしれません。

それは、ある意味当然です。

理由はカンタン。

今までの勉強量が圧倒的に少ないからです。

あなたは中学・高校と英語を勉強した中で
リスニングにどれだけの時間をかけましたか?

おそらく多くの時間を文法、読解、英作文に
費やしたのではないでしょうか?

まだまだ日本の英語教育がこれらを重視しているため仕方ありません。

入試でリスニングの配点が大きい高校・大学を狙う場合でない限り、
リスニングに力を入れて勉強した人は、ほとんどいないのではないでしょうか。

空白

ですが、逆に言うとこれはチャンスでもあります。

今までやっていないからこそ、
やればやるだけ身につくものも多く
スコアが伸びる可能性も大きいからです。

しかも、TOEICのリスニングには難しい単語はほとんど出ませんので、
耳さえ慣れてしまえば聴き取るのも難しくなくなります。

リスニング上達のコツは
【とにかく慣れること】
これに尽きます。

そして、アルクのリスニング教材であるCD・MP3は
苦手な個所を何度でもカンタンに聴き直すことができます。

つまり、あなたの耳を【とにかく英語に慣れさせる】ために最適なのです。

是非この音声教材をフル活用して
リスニングを得点源にしちゃいましょう!

アルクの教材その4【WEB上のサービス】

通信講座では色々なサポート体制は整っていたとしても、
勉強そのものは基本的に自分ひとりで進めなければなりません。

そうすると、どうしても学習ペースが乱れたり、
モチベーションが下がったり、ということが起きてしまいます。

ですが、ご安心下さい!

そのようなことが起きないようにアルクでは
「テストコ」というWEBサービスが用意されています。

テストの提出やMP3のダウンロードを行ったり、
さらには学習計画を立てたり、進み具合を記録したり。

頻繁に利用することで、
より効率的かつスムーズに勉強を進めることができます。

空白

僕が特に気に入ったのは【学習計画】ですね。

これは非常に役に立ちました。

自分に合った計画を立て、
日々の勉強が進むごとに記録をつける。

これにより、自分の現在の進み具合が把握できて
着実にゴールに近づいているのが目に見えて分かるのです。

確かに初めの頃は、
毎回記録をつけるのが面倒に思われるかもしれません。

ですが、何回か続けているうちに
記録が伸びていく達成感が嬉しくなって
やめられなくなりました。

こうなると、こっちのものです。

あとはそのまま勉強を継続するだけ。

空白

先ほども述べましたが、

英語の学力向上には「継続」が必要不可欠です。

この「テストコ」のWEBページを毎日見ることで

勉強を継続する力が自然と湧いてきます。

例えば、
朝、1日の初めに見てやる気を起こしたり、
夜、寝る前に見て明日の鋭気を養ったり。

または、
勉強する前に見て気合いを入れたり、
勉強が終わって達成感に浸りながら記録をつけたり。

本当に使い方次第でたくさんのパワーをもらえるサービスですので、
毎日のパワー補給にガンガン活用してください!

アルクをおすすめしたい人

以上のような内容のアルク。

こんな人におすすめです。

限られた時間で効率的にTOEICの勉強がしたい人

短期間でTOEICのスコアを上げたい人

TOEICの勉強をしたいけど何から手を着けていいか分からない人

勉強が長続きしない人

勉強のペース作りに悩んでいる人

TOEICのスコアを就職や転職、再就職に活用したい人

教材を手にして自分で手を動かして勉強できる人

今の生活を変えるための自己投資ができる人

空白

アルクは、TOEIC対策として
本当におすすめの教材と言えます。

ですが、教材を手にして実際に勉強するのは、
他の誰でもない「あなた」です。

あなたが自分の手で勉強して自分の頭を鍛えなければ
TOEICで良い結果を出すことなどできません。

そのための努力ができるのであれば、
僕は自信をもってアルクをおすすめします!

空白
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いかがでしたか?

以上がアルクの教材のご紹介です。

これだけ充実した内容の教材を使って勉強すれば

短期間で大きなスコアアップも難しくないかも・・・。

そう思えてきませんか?

少しでもそう思えたのなら、
【百聞は一見に如かず】・【善は急げ】 です!